携帯代滞納※携帯料金未払いにするとどうなる?

MENU

携帯代滞納の場合

携帯代滞納を続けるとやがて契約解除になる!

 

携帯代滞納をするとその日から利息が取られます。その後、携帯代を滞納し続けると契約解除され残りの携帯代などを一括で請求される事になるのです。

 

携帯代と携帯本体の未払いの料金

 

ドコモ・softbank・auなどの携帯代を滞納すると督促状が届きます。そこに携帯代を払う期日までに必ず払ってください。

 

さらに携帯代の滞納をすると法的な手段を取られる事になります。最低5年は、ドコモ・softbank・auで新規契約ができません。

 

無利息で借りれるカードローンからお金を借りた方が、裁判沙汰にならず簡単です。

 

パートでも申込可能なお得なカードはこちら。
お金を借りる方法なら即日融資

 

携帯代の滞納にはこんなデメリットが

携帯代を滞納し契約解除になると、他の携帯会社との契約ができなくなる以外では、様々なローンを組む事ができません。

 

不便極まりない状況になる事を理解しておきましょう。

 

携帯代の滞納で痛いのが差し押さえです。もしもどこかで働いているなら携帯代を給料から差し押さえされる事もあります。

 

会社や上司に携帯代を滞納した事がばれてしまう可能性があります。できるだけ急いで未払いの状況から抜け出しましょう。

 

そして、クレジットカードなどを作れなくなるのと現在のクレジットも強制解約される場合があります。クレジットカードが使えないのは不便極まりないですよね。

 

まだクレジットカードを作ってないならアコムのマスターカードならクレジットでショッピングにカードローン機能で携帯代を払う事ができるのでおすすめです。

 

詳細はこちら>>マスターカード

 

携帯代の滞納で自己破産

 

自己破産をすると最低でも5年から7年は、各種のローンを組めなくなります。

 

たかが、携帯代とあなどってはいけません。できるだけ早くに滞納の料金を払う準備をしましょう。生活費足りないからと滞納するにはリスクが大きすぎますね。

更新履歴